アイフル

“借り入れしてみたいけどどうしたらいいの”、”どこで借り入れするの?”そう思っているけれど、いざやってみるとなるとどうやっていいものかわからないものです。電話・自動契約機を使うとなるとなおさら難しく感じ敷居が高くなってしまいがちです。
ですが今回、そのような方に気軽に利用してもらえるようアイフルで借り入れをする手順についてお申し込みから順に説明をしていきたいと思います。
まず、借り入れをするためにアイフルでお申し込みをしていただきます。お申し込みの方法は自分にあった方法を次から選べます。アイフルのインターネットサイト、店頭、自動契約機、電話の4つの中から選んでお申し込みいただけます。(電話は女性専用のダイアルもご用意してあります。)仕事が忙しくなかなか時間がとれないという方にはインターネットから24時間いつでもお申し込みができ便利です。自動契約機はカードが当日中に受けとれるようになっておりすぐに借り入れができるようになっています。
必要な時に、お好きな時間・お好きな方法でお申し込みができることがアイフルの魅力となっています。
お申し込み完了後は、審査が行われその審査を通過すると契約、借り入れと進んでいきます。アイフルだけに限らず、他社でも一緒なのですが審査の中でお客さまの年齢、年間収入、お勤め先、同居している方々の事について細かく確認されることになっています。
この審査で気をつけておかなければならない点は、お客さまの信用度です。アイフルご利用前に他社での借り入れをしたことがあるか?、現在借金があるか?、過去に借り入れを際行った時に返済が遅れてしまったことがないか?というところをチェックし、お金を貸すことができるのかを見極めさせていただきます。
これらのチェックを行い審査を通過することができると、契約という運びになります。アイフルでは契約の方法にもいくつか選ぶことができるようになっています。アイフルの店頭、自動契約機、インターネットで行うことが可能です。契約を結ぶ時には、本人確認のできる書類、収入を証明する書類(借り入れ金額による)が必要となります。なので前もってそれらの書類を準備しておくとスムーズに借り入れが可能となります。
本人確認のできる書類として、運転免許証、
住基カード、パスポートのどれか1つを準備してください。
収入の証明書類が必要となるのは次の場合になります。借り入れ金額が、他社の消費者金融とアイフルとで合わせた時に100万円を越える時、またはアイフルだけで借り入れ金額が50万円を越える時に必要となります。
このどちらか一方に当てはまる時には、収入の証明書類として源泉徴収(前年の分)ここ2ヶ月分の給料明細のどちらかが必要となるので準備をお願いします。
契約することができたら、借り入れに進みます。借り入れの方法は2種類から選べます。1つ目は銀行口座への振り込みを利用し借りる方法、2つ目はアイフルで作ったカードを利用してアイフルまたは提携先のATMで借りる方法です。
ただし注意が必要なのが銀行口座への振り込みを利用するやり方です。当日中に金銭を受け取りたいと思っていても時間の関係で制約があるため受け取れない場合もあります。また、提携先のATMを利用するやり方は当日中に金銭の受け取りができますがアイフルのカードと手数料が必要となることを注意ご理解の上、ご利用下さい。
どうしても手数料をかけたくないという場合にはアイフルのATMのご利用をおすすめしています。
以上、簡単ではありますがアイフルで金銭の借り入れを行う際に必要なことをまとめてみました。ご理解いただけたでしょうか。

アイフルはお申し込み・契約に関してお客さまがご利用しやすいように多くの方法を選べるようにしています。
方法としてはアイフルの店舗、インターネット、自動契約機などです。お仕事や家事、育児などでなかなか時間がとれない、機械は苦手でなどさまざまお客さまのニーズに合わせられるようにしていますのでお客さまに遇わせたご利用方法をお選び下さい。
お申し込み後の審査では、お勤め先・同居している人などもですが、最も大切にしていることは利用者の信用です。借金があるのか、過去に借り入れをした際に延滞がなかったなどをみていきます。
また、契約時の書類として運転免許証などの本人が確認できる書類、お借り入れの金額によって源泉徴収(前年)やここ最近2ヶ月分の給料明細が必要となるのでお忘れのないようお願いします。
契約が無事おわると借り入れになります。銀行口座への振り込みとアイフルのカードがあれば各種ATMでのご利用が可能となります。
ここまで、アイフルでの借り入れのプロセスについてお伝えしてきました。ご利用がはじめてとなるとお申し込みが難しく思われますが、アイフルのスタッフがお客さまかまご理解できるまで丁寧に1つ1つお悩みに対応させていただくので安心してご利用、お申し込みくださればと思います。

アイフルの他にも、消費者金融でお金を借り入れすると必ず返済日がもうけられます。
借り入れてすぐは返済日も忘れずに気をつけていても、ご利用に慣れてくるとつい返済日を忘れてしまったということもあるかもしれません。
しっかり返済を行わないと、ご利用している消費者金融からの消費者をなくしてしまうのでそれだけは絶対に避けたいものです。
しかし、さまざまな理由で返済日が気づいたら過ぎてしまっていたなんてことも実際あるかと思います。
そんな方々のの為に、アイフルで借り入れした金銭をインターネットを利用して返済する方法についてご紹介します。
インターネットでの返済についてはアイフル以外の消費者金融でも取り入れているところが増えてきています。
アイフル以外にも消費者金融の大手といわれているプロミスもご返済をインターネットでできるようになっています。
インターネットでのご返済を行うメリットとしては、返済の為にATMに足を運ばなくてすむ点と1年中返済を行うことができるという点があります。
アイフルでインターネットを使って返済をするにはどのようにすればいいのかきになりますよね。
これについては、アイフルのWebサイトをみてもかかれていないため、ここでご紹介していきますので是非覚えていって下さい。
インターネットで返済を行う手順として、まずはじめにインターネット上に銀行口座を開設しておかなければいけません。
インターネット上に開設した銀行口座からアイフルで指定されている口座へ振り込みするという手順をとっていただき、返済完了となります。
インターネット上にで銀行口座を開設するとなるとどこの銀行で開設すればよいか悩みますよね。はじめての方であればなおさらです。そこで、アイフルの返済の際に適したネット銀行(インターネット上の銀行)をとりあげます。三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、楽天銀行のネット銀行です。これらのネット銀行を利用する際、振り込み手数料がとられることをお忘れなく。例として、楽天銀行は3万円未満で165円、3万円以上で258円、ジャパンネット銀行は3万円未満で172円、3万円以上で270円、三菱東京UFJ銀行は3万円未満で216円、3万円以上で324円、三井住友銀行は3万円未満で216円、3万円以上で432円、みずほ銀行は3万円未満で216円、3万円以上で432円の振り込み手数料が発生することになります。
インターネット上でいつでも返済ができるという点では便利ですがその分手数料が発生するということについてご注意下さい。
また、どの銀行も3万円区切りで手数料が決められているようです。
ここで取りあげた銀行はどれもおすすめの銀行ですが、振り込み手数料に注目すると楽天銀行が一番振り込み手数料が安く設定されているので、手数料を少しでも安くしたいとお考えであれば楽天銀行がおすすめかもしれません。
まとめとして、アイフルをご利用していただく中で返済日を忘れてしまいそうな方へインターネットを使ったご返済の方法についてご紹介してきました。
インターネット上でのご返済は1年中おこなうことができるので、普段仕事や家事、育児に忙しい毎日を送られているお客さまにも返済日にあわてることなくご返済の手続きをおこなうことがことができるのではないかと思います。
インターネットを使用してご返済を行うには、インターネット上に銀行口座を開設しなければなりません。おおくの銀行からおすすめする銀行として、楽天銀行、ジャパンネット銀行、三井住友銀行などがあります。
これらの銀行からご返済の手続きを行う際に必ず振り込み手数料がかかりますので、注意して下さい。
振り込み手数料を安くしたい、節約したいとお考えのかたには3万円未満で168円、それ以上で258円となっている楽天銀行がおすすめとなっています。
振り込み先については、アイフル公式サイトより会員の方専用ページで確認できるようになっていますので、そちらをご参照して下さい。
ご紹介したように、アイフルで借り入れした金銭のご返済をインターネット上でいつでもできるというのはとても便利ですよね。振り込み手数料がかかりますがATMへ足を運ばずにご自宅でご返済をすますことができること、土日など銀行が閉まっていてもインターネット上なら返済可能であることから、いろんな方におすすめできるご返済方法の1つであります。

借り入れの経験がある方は、”消費者金融で金銭の借り入れをするよりか銀行系の会社で金銭の借り入れをした方がいいのでは?”と思うことがあるかもしれません。
ここでは消費者金融、銀行系の会社どちらで借り入れするのがいいのかみていきましょう。
はじめに、借り入れの上限金額と金利などを見た場合です。一般的に銀行系の会社が有利と思われていますが、実際調べてみるとみずほ銀行の金利は4.0%から14.0%、借り入れの上限金額は1,000万円、三井住友銀行の金利は4.0%から14.5%、借り入れの上限金額は800万円、三菱東京UFJ銀行の金利は4.6%から14.6%、借り入れの上限金額は500万円となっており、アイフルはどうかというと金利4.5%から18.0%、借り入れの上限金額は500万円となっています。
このことから、金利・借り入れ金額の上限共に銀行系の会社を利用する方が有利であることがわかります。
借り入れ金額の上限を見た場合は、アイフルとみずほ銀行を比べるとアイフルの2倍の借り入れ上限金額となっています。
ただし1000万円も借り入れするというのは、家を買うときぐらいだと思われるため借り入れ上限金額が多いことに関してはよほどのことがない限り気にすることはないと思われます。
ですが、借り入れ金額が多いほうが色々と便利なため銀行系の会社で借り入れする方が良いように思います。
次に金利を見た場合です。一番高い数字を見てみるとアイフルが18%と不利ですが一番低い金利については4.5%となっているありますに比べ、三菱東京UFJ銀行のほうが4.6%と高くなっており、世間で言われているほど高い金利とは言えません。
以前、世間で高金利だと思われがちだった消費者金融ですが、それはグレーゾーン金利があった時代のことではないかと思われます。
知ってる方も多いとは思いますが、平成22年にグレーゾーン金利は総量規制の導入がされたと同時に無くなりました。
総量規制の導入がなされたことによって、消費者金融も上限金利が20%を越える数字設定ができなくなったのです。
これらのことから、消費者金融・銀行系の会社を比べてみてわかるように世間で言われているほど消費者金融の金利は高く設定されてはいないのです。
それでは、実際に消費者金融であるアイフルと銀行系の会社であるみずほ銀行で借り入れをした場合について見比べてみましょう。
見比べるにあたり条件として、借り入れ金額が10万円、返済回数を12回と設定します。設定条件をもとに、毎月の返済金額、合計の返済金額、金利分の合計について見比べていきます。
設定条件からだされる毎月の返済金額、合計の返済金額、金利分の合計はアイフルの場合毎月の返済金額は9,149円、合計の返済金額は、109,750円、金利分の合計は9,750円、みずほ銀行の場合毎月の返済金額は8,968円、合計の返済金額は、107,578円、金利分の合計は7,578円という結果になりました。
見比べてみて分かるように、みずほ銀行とアイフルでは4%の金利の差がありますが、1年間を通してみても約2000円の差しかありません。
2000円ということは、1ヶ月で約200円ほどですので、大きな差ではないことが分かります。
今回、設定した条件が10万円であまり高い金額でなかったため、これがもう少し高い金額設定で、返済回数を増やすと、金利分が高くなってくるのは間違いないでしょう。
しかし、今回の設定条件のように安い金額の借り入れや長期間の借り入れにならないような場合であれば、アイフルみたいな消費者金融を選んで利用する方が、審査も短時間で済み、早いと当日中に借り入れが可能なのでアイフルを選んで借り入れしてもいいのではないでしょうか。
銀行系の会社に比べ、アイフルの方が審査も厳しくないと思います。

最後のまとめとして、今回消費者金融のアイフルと銀行系の会社で金銭の借り入れを比べた場合、銀行系の会社で借り入れを行った方がいいのでは?ということについて考えていきました。
結論としては、借り入れの上限金額を見比べたら銀行系の会社が多くの金額を借り入れすることができましたが、金利を見比べると世間で言われているほどアイフルなどの消費者金融が高くないことがわかりました。一番下の金利に関しては銀行系の会社の方がアイフルより高い金利になっていたことがお分かりいただけたかと思います。
このことから、大きな金額の借り入れを行う時、長期間の借り入れになるような時は銀行系の会社を選び、少ない金額で1年以内などといった短期間で借り入れるような時には審査のことなどを考えてアイフルを利用することをおすすめします。お申し込みなどもお客さまに合わせた多くの方法をそろえているアイフルが便利ではないでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ